カテゴリー
未分類

YB倶楽部を作る

寒い冬が到来し、コタツから抜け出せなくなりましたね。

ノートPCをいじる時間も増え、YB倶楽部サイトを立ち上げてみました。

と言っても早くメンバーを集めることが優先なので、数時間で最低限のコンテンツを作り、もう告知してしまいます(笑)

将来GN倶楽部と合同でイベント出来たらいいなぁ(*´ω`*)

YBR125、YB125SPに乗っている方、ぜひお待ちしております。

YB倶楽部

カテゴリー
メンテナンス

ブレーキフルードの交換

ブレーキタッチはまだしっかりしているものの、ブレーキフルードの色が茶色になっており、新車登録日から2年が経過するがまだ未交換である。
車だと車検の2年毎に交換するのが常識だが、バイクは100mlくらいと使用量も大したことないので毎年交換していきたい。

フルード液はDOT4を使用。DOT3に比べると沸点が高くて性能高いが、劣化も早いのでこまめに交換する人向きのようだ。

リザーバータンク

リザーバータンクの蓋を開ける。

まず、周りを養生する。フルード液は塗装面によくない。もし付着したら水で洗い流す。
上蓋を外した
中蓋を外す
ゴムパッキンみたいのを外す
汚れすごい
古い液を吸い出す
全部吸い取った
新しいフルードを入れる

キャリパー側

メガネレンチ8mmをセットし、シリコンチューブ(内径4mm)を繋げる 。
その先に廃油受けをセット。チューブはいったん上に向くようにすると、エアの混入が防げるようだ
スパナを緩める

あとはレバーを握っては離しを繰り返して、古い液を排出する。

リザーバータンクの液がみるみる減っていくので、(エアを混入させないように)リザーバータンクを空にしないよう補充していく。

排出液が透明になったらプラグを締めて終了。エアの混入はなさそうだが、レバーを握った状態で締める。
あとはゴムパッキンを入れても溢れないレベルに補充し、蓋をして完了

窓から見える液が透明でとても気持ちいいです(笑)

ちなみに排出量は100mlもない感じだった
カテゴリー
ツーリング

九州花見ツーリング(1日目)4/5宮崎~熊本

GN倶楽部の仲間と長崎県の雲仙からハウステンボスまで走り、ハウステンボス内施設に泊まるツーリングに参加させてもらった。

九州でミーティングするのこれで3回目になるのかな。富士山と合わせれば4回目になるので九州メンバーとはずいぶん親しくなった。

自宅は千葉県の成田あたりだが、宮崎の大学に通う娘のマンションにバイクを置いておき、飛行機で宮崎まで行ってそこでバイクに乗り換えると言うスタイルで積極的に九州ミーティングに参加させてもらっている。

渡航費だが幸いLCCであるジェットスター航空のチケットは、成田から宮崎までだと4000円~25000円の間くらいで変動し、シーズンオフを狙えば安値付近で購入可能である。

ようやく本題に入ろう、宮崎市を出発したのは9時半だったがすぐにつまづいてしまった。

出発してすぐに袖口が寒いことに気が付き、アームカバーでも買おうとハンズマンというホームセンターに寄った。そこで衝撃のワゴンセール、「ガラクタ市」に出くわしたのである。

90円でVESSELドライバーなどの工具や、DJが使うような大型ヘッドホンが275円とか、死蔵在庫品が破格値でごろごろしており気が付いたらカゴ1杯買っていた。

これからツーリング行くのに何やってんだ俺・・・(笑)

じつは西から雨雲接近してきていて、すぐに北上すれば雨は回避できるはずだった。

大きな買い物袋を腕に抱えながら、しかたなくまた家に持って帰ったりしてるうちに出発は11時になった。そこで雨が降り出す(ノД`)・゜・。

それでも西都市を過ぎるあたりでやんできたので、峠道で困ることはなかったが・・

宮崎から熊本にはえびの市経由で行くと4~5時間くらいだが、すぐに北上ルートをとったため細い道の林道ばかりで全然スピードが出せなかった。早く着いてマンガ読みたかったのに熊本の快活clubについたのは18時頃になってしまった。

1年ぶりのネットカフェ。嬉しくて気が付いたら夜中の1時を過ぎていた。朝6時出発の予定だったので慌てて就寝したがよく眠れなかった。

カテゴリー
ツーリング

くじゅうキャンプツーリング3

ミルクロードに入って標高が高くなると灼熱の暑さから一転、ラピュタの道あたりでは涼しくなった。

ラピュタの道

寄り道はここだけにして集合場所のキャンプ場へ急ぐ。

なんとかキャンプ場手前でこれから温泉に行こうとしていたしんさん達とすれ違い、荷物を置いてすぐに追いかける。

打たせ湯
打たせ湯は滝行してるようでなかなか良かった

キャンプ場に戻り、食事と酒を楽しむ。

アヒージョ
初めて作ったアヒージョ。なんとゆるりさんが「アヒージョの素」という調味料を持っていた。
何気にビーさんのキャンプ達人度がすごかった。ガスストーブは使わず薪で調理。火起こしから普通ではなかった。
「蚊帳付きハンモックだぜ!」やはり達人は違う。

寝るまで、語らいながらまったりとした時間を皆で過ごした。

ジーコさんは何気によく語る。「俺、昔はダイバーだったんだ」
カテゴリー
ツーリング

くじゅうキャンプツーリング2

8月10日(1日目)、熊本市でゆるりさんと合流してキャンプ地に向かう。

9時、とりあえず荷物の積み込み完了してあとは身支度だけと連絡がくる。
服装はどうするかについて、街中は暑いけど高原に入ったらどうだろうかとかあーだこーだがはじまる。
女子ってのはいろいろ大変だなぁ。

出発できる気配はなく、サウナが10時チェックアウトで追い出されたので、とりあえずゆるりさん宅の近所まで行くことにする。

最初はコンビニにしようかと思ったが立ち読みしながらの方が時間をつぶせるだろうから本屋で待っていたらと提案があったので10時半に本屋到着。

そして11時に「これから出まーす」と連絡入ったので炎天下の外に出て、すぐに走り出せるように準備していたが、30分後にようやくやってきた。

君んちはここから数百メートルだよな?( ゚Д゚)

しかしさすがは熊本の女神だ。かなり汗だくになっていたが、天使の笑顔にそんなことは言えず笑顔で迎えて出発するのだった。