宮崎への旅(8)岡山→愛媛

5月9日

倉敷のホテルをのんびりチェックアウトし、いよいよ「しまなみ海道」のある尾道へ向かった。

しまなみ海道は本州と四国を結ぶ橋でサイクリストの聖地でもある。

何年も前から一度ここを走ってみたいという夢を持ち続け、ついに125ccオートバイでそれを叶えることができた。

有料道路入口、料金はお賽銭箱方式。
原付と自転車専用道路。まるで遊園地のゴーカートコースのようだ。
橋へ続く道
この橋は自動車専用道路の下が原付、自転車道路
自動車専用道路の側道が原付、反対側は自転車
道の駅多々羅

千葉の九十九里海岸近くに住んでいるので海こそ見慣れてはいるが、湖のように波のたたない静かな海と点在する島々で構成される瀬戸内海の景色にとにかく感動した。

つい、すぐに立ち止まってはカメラを構えてしまうので一向に先に進まない。

走っては止まり、カメラを構える。その繰り返し。

そんな素晴らしい景色だがそれを一日中、ずっと目にしているとやがて感覚がマヒしてしまうようだ。

それが当たり前のように見慣れた普通の景色となり、しだいに横目で楽しみながらクルージングができるようになっていく。

頭の中が贅沢な喜びで満ちあふれ、もうこれ以上はなにも要らないと思った。

四国に渡り、道後温泉とかいろいろ寄るつもりだったのに、すぐにネカフェにチェックインして眠ってしまう。

“宮崎への旅(8)岡山→愛媛” への2件の返信

  1. 珍しく詳しいレポが書いてあるー!
    いつも手抜きかと思うほどさら〜っと終わってしまうのに。

    コレコレ、こんな情報とか楽しげな声が聞きたかったんですよ〜。

    ってエラそうにスミマセン…。

    1. サンキュ~
      うん、いまバイクがとても楽しい。
      でも今までも手を抜いたつもりなかったんだけど(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です